読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを始めたきっかけ

       f:id:inopon_1109:20170515152259j:plain

 

2017 年 3 月 21 日 6 時 50 分 

僕は自宅の階段から落ちた。

 

朝、会社に行くための身だしなみチェックを終え

階段を降りようとした時の出来事だった。

 

僕は以前より てんかん という病気を抱えていた。

その発作が、階段から降りようとした際に起きてしまった。

 

 

目を覚ますと、僕は部屋で横たわっていた。

周りには、救急隊員と家族。

 

体を動かそうとしたところ、途端に激痛が走る。

痛くて、下半身が動かせない。

 

結果的には、背骨と腰骨を1箇所ずつ圧迫骨折。

頭を打ち付けたようで、7針縫う怪我を負った。

 

 

 

 原因は薬の飲み忘れ 

 

    f:id:inopon_1109:20170515154911j:plain

 

てんかんの発作が起きるのには、複数の要因がある。

 

睡眠不足やストレスが原因で起きやすくなるのだが

発作を抑えるための薬を1ヶ月ほど飲んでいなかった。

 

血中濃度で測ってみたら、有効量まで達していなかった。

 

そのために、今回のようなことが起きてしまった。

 

  いのぽん 会社をやめるってよ

 

1週間の入院と4週間の自宅療養を終えて、会社に復帰した。

復帰初日に、社長との今回の件で面談。すでに言いたいことは決まっていた。

 

 ・今回の件で多大な迷惑をかけてしまったことを謝罪。

 ・場合によっては、また倒れる可能性があること。

 ・なので、これ以上迷惑をかけられないために、退職させてほしいこと。

 

退職の旨を伝えたところ、意外にもあっさり受理された。

新卒1年目の価値など、この程度なのかもしれないが、、、。 

 

こうして、最初のサラリーマン生活は 1年で幕を閉じた。

 

 人間いつ死ぬかわからないものだ

 

今回倒れたことによって、死は突然やってくるものだと認識できた。

 

頭の打ち所が悪ければ死んでいたかもしれない。

駅のホームで並んでいて、線路に落ちて死んでいたかもしれない。

 

人間いつ死ぬかわからないからこそ、何か形として残るものを始めたい。

そんな時に思いついたのが、ブログだった。

 

細々とでもいいからできるだけ長く続けたい。

そんな思いを込めて、僕はブログを更新していく。