これが本当の "弟" の取扱説明書

こんにちは、いのぽんです。

一昔前に血液型説明書なるものが流行ったのを覚えているでしょうか。

 

http://kininaru-ippin.up.n.seesaa.net/kininaru-ippin/image/20081228-11.jpg?d=a28

 

よくあるのが、

A型は几帳面、B型は自己中。

O型は大雑把で、AB型は裏表がある。みたいなのが書かれた本です。

 

そして、その亜種として、

兄や弟、姉や妹、ひとりっ子の説明書なんかも発売されました。

     

       http://shop.r10s.jp/book/cabinet/2156/9784821142156.jpg

 

僕には4歳年が離れた兄がいた僕も、弟の説明書を買いました。

その本が数年ぶりにクローゼットから発掘されたので見ていました。

 

当てはまるのも多いけど、当てはまるらないのも多い。

なら、僕が "弟" の取扱説明書を作ったらいいではないか!という発想に至りました。

 よかったら見てください。

 

幼少期編

http://babybaby-net.com/wp-content/uploads/2015/05/SnapCrab_NoName_2015-5-13_0-25-17_No-00.jpg

 

・戦隊モノが大好きだった。けど憧れるのは怪人側。

・人型の怪人よりも狼男に憧れる。むしろ、なりたい。

・けど、自分がなったとしてもだいたい倒される想像しかできない。

・悪は滅びるものね。

 

・お調子者だった。

・通知表の先生からのコメントには落ち着きがないって書かれていた。

・兄の授業参観に連れていってもらって人気者。

・あれだけ人気者だったのに、大人になると真逆になる。

・あの頃は、コミュニケーション能力も高かったのに、、、。

 

・基本的にはわがまま。

・嫌いなものは嫌い。食べれないものは食べれない。

・けど、母親の目の前では渋々食べる。食べなきゃ怒られるし。

 

青春編

https://d2jpzphjpce52c.cloudfront.net/system/production/image/image/000/018/735/18735/wysiwyg_b8ba95201b6bf44d5fb2.jpg

 

・勉強は苦手。だけど、ある一つの教科なら異常に強い。

・クラスでもトップレベル。そして、それを見せびらかす。

・だけど、他が低いから成績は中〜下のライン。

・参考書を集めるのが好き。けど、実際に使うのは数冊だけ。

・とりあえず、徹夜で勉強とか言い出す。だけど、必ず寝る。

・起きた時には勉強した感になっている。

 

・女の子の友達は多い。だけど、彼女はいない。

・どうやって告白するまでに持っていくかはわからない。

・友達に恋人ができると焦る。異様に焦る。

・童貞卒業なんてもってのほか。

 

・自分から遊びに誘いはしない。

・だけど、友達からの誘いは大歓迎。むしろ誘ってくれオーラを出す。

・大人ぶる。落ち着きのある大人になりたいと。

・数日後の修学旅行の話とかしても平然としている。

・だけど、心の中ではウッキウキ。ディスコ踊ってる。

 

社会人編

f:id:inopon_1109:20170703215105j:plain

 

・社会に学歴は関係ないと思ってる。

・自分は仕事できると思ってる。

・ポーカフェイスを装う。ミスをして怒られても変わらず。

・しかし、心の中では本能寺の変並みに焦る。

・帰ってから異様に落ち込む。会社に隕石落ちないかなと思う。

 

・お給料はすぐ使う。欲しいものはすぐに買う。迷ってる暇なんかない。

・10日も経てば、金欠になる。宝くじやギャンブルを意識する。

・だいたい、お給料日までのカウントダウンが始まる。

・最後の方は、自宅から飲み物持ってきちゃう。自販機高いし。

 

・リーダーには憧れる。だけど、実際にはなりたくない。

・だって教え方下手だし。覚えなかったらイライラしちゃう。

・だけど、部下ができたらかわいがる。

・ご飯にも連れてくし、飲みにも連れてっちゃう。

 

まとめ

 

いかがでしたか。あくまで、弟の説明書というより

僕自身の体験談に基づいています。

でも、当てはまる方は多いんではないでしょうか。

 

今回は幼少期や青春・社会人と分けて作りましたが

次回は周囲との関係性についての説明書も作りたいと思います。

よかったら、見てください。